江崎グリコ「バトンドール」ポッキーとの違いを原材料で見てみる

グリコ個包装大阪

うまみシュガー/メープルシュガー/焦がしバター

  • 36本(6本×6袋)
  • 501円(税込)※1箱の価格
  • 江崎グリコ

 昔、職場で1箱いただいたことがあります。バトンドール。

なんのきなしにいただいてしまったんですが、思い返せば職場で配っていたその人は、1箱まるごと10人以上配っていたわけで。

私なら「(お金もったいない、1袋ずつ分けてあげればいっか)」と思ってしまうところ。

そういえば、亀十の出来立てのどら焼きを差し入れしてくれたこともありました。
※亀十は、浅草の有名どら焼き店

さすが年長者の風格というべきでしょうか、想い起こせばこの方のあだ名は「マダム」でした。


バトンドールとほぼ関係ない話題でしたが、話は戻ります。

ギフトBOXでいただいたバトンドール。
言わずもがなというくらい有名な高級ポッキーです。

いただきものの紹介と共に、バトンドールと普通のポッキーの原材料の違いをまとめてみました。

外箱
ちゃんとギフトBOXに詰めていただき感謝

バトンドールの公式ホームページを見るとギフトBOXは、

2箱用、3箱用、4箱用、6箱用、10箱用

とあるようです。お好きなものを詰め合わせることができます。
写真のものは、3箱用のギフトBOXです。

商品全体像
お味も3種

3種の味を詰め合わせていただきました。

  • うまみシュガー
  • メープルシュガー
  • 焦がしバター

それぞれのお味は、写真にて。
この後は、普通のポッキーとの原材料の違いに移ります。

焼き菓子
こちらは、うまみシュガー味

まずは、原材料を列記してみました。
バトンドールは、シュガーバター味。
ポッキーは、定番のポッキーチョコレートです。

バトンドール シュガーバター

小麦粉、バター、砂糖、イースト、果糖ぶどう糖液糖、食塩、モルトエキス、調味料(無機塩)、香料、乳化剤、甘味料(スクラロース)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

ポッキーチョコレート

小麦粉、砂糖、カカオマス、植物油脂、全粉乳、ショートニング、モルトエキス、でん粉、食塩、イースト、ココアバター、バター、乳化剤、香料、膨脹剤、アナトー色素、調味料(無機塩)、(原材料の一部に大豆を含む)

少し見づらいので、共通の原材料と異なる原材料に分けてみます。

焼き菓子
こちらがメープルシュガー味

バトンドール(シュガーバター)とポッキーチョコレートの原材料の違い

原材料 バトンドール
シュガーバター
ポッキー
チョコレート
共通 小麦粉、砂糖、食塩、バター、イースト、香料、乳化剤、モルトエキス、調味料(無機塩)
相違 果糖ぶどう糖液糖、甘味料(スクラロース) 植物油脂、全粉乳、ショートニング、でん粉、膨脹剤、アナトー色素、カカオマス、ココアバター

こうしてみると普通のポッキーは、色々な食品添加物が使われているのが分かりますね。
ポッキーには、植物油脂、ショートニングといった油脂成分が含まれているのと、アナトー色素といった聞きなれない添加物まで。(アナトー色素は、赤や黄色にする色素なので、ポッキー本体の色付けかと)
チョコレートの部分のカカオマス、ココアバターは置いておいて、大量生産される過程で色々な食品添加物が使われるということでしょう。

一方、バトンドールは、果糖ぶどう糖液糖とスクラロース。どちらも甘味料が加わっています。
シュガーバター味のシュガーを表現するために使われている感じですね。これは納得。

焼き菓子
こちらが焦がしバター味

私のバトンドールの第一印象は、

太い・甘い・バター味のポッキー・有名パティシエがポッキー真似て高級品作ったのかな?

といった感じでした。

やはり、人の先入観というものは色濃くあるもので、この形状から高級なポッキーを食べている感覚になってしまうものなのです。そう感じてしまうと、どこまで行っても『ポッキー』という枠を超えられない。ではこの形状に騙されず、丸型のクッキーと思って食べてみたら?はたしてこの高級ポッキーならぬクッキーは、美味しいのだろうか?そう、クッキーと思って食べてもこの焼き菓子は美味しい。むしろメープルなど余計なフレーバーがないプレーンな味の方が美味しいと思えるものなのです。
もし、バトンドールをいただくことがございましたら、形状に騙されず味わってみるのも楽しいです。

さて、普通のポッキーもそうですが、種類がものすごく豊富です。
通年販売のものから限定品のものまで含めると20種類以上あるんじゃないか?というくらいの数。

バトンドールについていた冊子を見るとこの通り。

説明
シュガー、メープル、うまみシュガーは定番品

※神戸プレーンは、そごう神戸店限定
※抹茶シュガーは、7月下旬まで(2019年投稿時点)

説明
ほとんどが期間限定販売

※ストロベリー、アーモンド、スイートオニオン、クリームチーズは、7月下旬まで(2019年投稿時点)

説明
各日数量限定販売

冷やして食べるバトンドールは、各日数量限定の発売。
ミルク、夕張メロン、ビターレモンとありました。

夏用のラインナップですので、秋や冬、春になればその季節の旬のものが並ぶと思います。

ちょっと高めのポッキーで、かなり有名になってしまい、食した方も少なくはないはず。
お土産に用いるなら季節限定のお味を選んでみるのが良さそうですね。

手提げ袋
外箱

日持ちは1ヵ月程。バトンドールの手提げ袋は写真のようなものでした。

気になる価格・コスパなど。1個あたりの値段や内容量について

江崎グリコ「バトンドール」1箱の価格は、
501円(税込)

※うまみシュガー、メープルシュガー、焦がしバター 共通価格

36本(6本×6袋)入りなので、1本あたりだと14円くらいの計算です。

販売先の情報

バトンドールの直販店は、

大阪、阪急うめだ本店、高島屋大阪店、伊丹空港店
京都、高島屋京都店
神戸、そごう神戸店
福岡、博多阪急店

その他、amazonや楽天、ヤフーショッピングなど大手通販サイトでもお買い求めができます。

食べてもらった方から感想をいただきました。(管理人)

管理人

通販の価格にはご注意を

お味の感想ではないのですが、amazonや楽天など大手通販で購入の際は価格にご注意ください。1箱500程のものですが、倍以上の価格で販売されていることもあります。送料無料であれば送料分と言えますが送料以上の価格のものもたくさん出品されているのでご注意くださいませ。

※感想はもらえなかったので私です。(管理人)
※職場や友人へ配っていて、お味の感想をくれる人はなかなかいません。一言コメントが多いです。
※あくまで個人の感想です。

紹介した商品の詳しい情報

メーカー 江崎グリコ
商品名 うまみシュガー/メープルシュガー/焦がしバター
内容量 36本(6本×6袋)
価格 501円(税込)
賞味期限 約1ヵ月
サイズ 約17.5cm×6.5cm×6.5cm(1箱のサイズ)
アレルギー 乳・小麦・大豆

公式ホームページやオンラインショップはこちらです。

バトンドール https://www.glico.co.jp/batondor/
送料無料 バトンドール グリコ glico Baton D’or うまみシュガー 焦がしバター
created by Rinker
¥2,580 (2019/09/19 18:51:08時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです。

お土産まいりプロフィール

authorImage

お土産まいり管理人

職場や友人、大切な方へのお土産。実際に見て・買って・食べてみて書いています。手提げ袋や包装紙の写真も載せています。購入検討の助けになれば幸いです。