静岡土産「うなぎの里」うなぎパイとどちらが元祖?

個包装日持ち長め静岡

うなぎの里

  • 18枚入
  • 1,080円(税込)
  • レッドホースコーポレーション

 うなぎの里は静岡のお土産です。まるでうなぎパイのようなお菓子なのですが、静岡の土産菓子にはパイ菓子が多いような。

現実世界のうなぎの里と言えば静岡県の養殖場が多く、静岡県(浜名湖)は養殖の発祥地ということで、土産菓子にはうなぎパイがよく知られているところだと思います。

※うなぎの生産は鹿児島県が多いです。次いで愛知、宮崎と続き、静岡県は4番目くらいです。

うなぎの里の外箱

外箱
外箱

外装には、「銘菓 うなぎの里」とあり、商標登録番号も記載がありますね。
最初、うなぎパイの類似品だと思ったのですが、もしかするとこちらが元祖ってことはありますかね?
少し気になったので、うなぎパイとどちらが商標登録が先かを確認してみました。

うなぎの里とうなぎパイはどちらが商標登録が先か?

商品全体像
中身の状態

うなぎパイと言えば、静岡で有名な春華堂さんのお菓子です。商標登録ももちろん春華堂さんが取得されています。

出願日と登録日の関係で言えば

出願日 登録日
うなぎの里 1999年12月1日 2001年2月9日
うなぎパイ 1999年10月7日 2000年12月1日

やはりうなぎパイの方が出願日が早いです。商標登録も先にうなぎパイの春華堂さんが取られています。
また、うなぎの里の出願者は「ツジセイ製菓株式会社」となっておりました。

うなぎの里の販売元、製造元は?

商品情報
販売者は記載有り

販売者は、レッドホースコーポレーションという会社のようです。
本社は東京にあり、静岡に営業所があるとの記載ですね。

ですが、製造元の記載がありません。
うなぎの里の出願者は「ツジセイ製菓株式会社」なので、おそらくこちらの会社だと思います。

念のためお問い合わせ窓口として記載のあった電話番号:0120-2000-85 を確認すると「ツジセイ製菓株式会社」でしたので裏が取れました。

さらに、ツジセイ製菓株式会社を調べてみると、

販売商品は、おまんじゅうからパイ、チョコレートなどの土産菓子多数。
本社は、香川県高松市ということです。

・・・ということは、静岡で作られたお菓子ではないということに。

うなぎの里のお味の感想

焼き菓子
うなぎの里

さて、うなぎの里のお味の方ですが、確かにうなぎパイやホームパイなどと同じようなパイ菓子です。
砂糖はやや少なめな気もしますが、ベースは同じ味だと思います。

もちろん美味しくないということはありませんし、特別な味というわけではありませんが、普通に美味しいパイ菓子です。

うなぎの里の製造元は静岡県ではない(ご当地土産とはいいにくい)

焼き菓子
なかなか大き目

うなぎの里は、販売元は東京の会社(の静岡営業所)ですし、製造元は香川県です。
ご当地土産を購入したい場合は、やはり春華堂さんのうなぎパイを手に取るべきだと思いました。

それから補足をしておくと、うなぎの里の他に「うなぎの舞い」という土産菓子も存在します。
これも製造元は「ツジセイ製菓株式会社」なんですよね。そういうことなんだと思います。

カロリー

1枚あたり 87kcal

それから日持ちは、6ヵ月程でした。

気になる価格・コスパなど。1枚あたりの値段や内容量について

「うなぎの里」18枚入の価格は、
1,080円(税込)

18枚のパイ菓子
1枚あたり60円

※価格は、2019年11月15日時点のものです。

他にも9枚入のものが販売されています。

価格(税込) 1枚辺り単価
9枚入 650円 72円
18枚入 1,080円 60円

販売先の情報

静岡県内の駅前や空港、高速道路のSAなど大きなお土産売り場で見られるものです。

食べてもらった方から感想をいただきました。(管理人)

管理人

美味しくないわけではないのですが・・・

お味は、ホームパイと同じような感じですが、やや砂糖は少な目かと思います。美味しくないわけではないのですが、出自を知ってしまうとう~んとなってしまいます。

※感想はもらえなかったので私です。(管理人)
※職場や友人へ配っていて、お味の感想をくれる人はなかなかいません。一言コメントが多いです。
※あくまで個人の感想です。

紹介した商品の詳しい情報

メーカー レッドホースコーポレーション
商品名 うなぎの里
内容量 18枚
価格 1,080円(税込)
賞味期限 約6ヵ月
サイズ 約31cm×24.5cm×4cm
アレルギー 卵・乳・小麦
カロリー 1枚あたり 87kcal

公式ホームページやオンラインショップはこちらです。

ツジセイ製菓株式会社 http://tsujisei.co.jp/
レッドホースコーポレーション https://www.redhorse-corp.co.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです。

お土産まいりプロフィール

authorImage

お土産まいり管理人

職場や友人、大切な方へのお土産。実際に見て・買って・食べてみて書いています。手提げ袋や包装紙の写真も載せています。購入検討の助けになれば幸いです。